MENU

ワキガと多汗症は別のトラブル

ワキガと混合されがちなトラブルに「多汗症」というものがあります。
結論から言うと、ワキガと多汗症は全くもって関係なく、完全に別のトラブルです。

 

まず、ワキガは汗腺の一種である「アポクリン腺」によって起こるトラブルです。
アポクリン腺は主に脇に集中していて、その他にも乳輪や肛門などのデリケートゾーンにあると言います。
また、アポクリン腺は必ずしも全ての人にあるわけではなく、遺伝性要素によって、持っていない人もいます。
アポクリン腺がある場合、汗の分泌が活発になっているとワキガ体質と考えられます。
この汗腺から分泌された汗はベタベタと粘り気があり、中には水分ではなく、脂質やアンモニア、タンパク質などを含んでいます。これが、常在菌によって皮膚上で分解されることで、強い臭いを放つ仕組みになっています。

 

一方の多汗症は、エクリン腺が関係しています。アポクリン腺とは違い、エクリン腺は体温調節をするために汗を分泌する汗腺のことです。
エクリン腺から分泌された汗はほとんどが水分でできていて、サラサラとしています。
多汗症は、このエクリン腺から大量に汗が分泌される症状のことです。
汗が多い分、他人よりも衣服の汗ジミが気になることが多いです。
しかし、ワキガのように強い臭いはありません。無臭の方もいます。

 

このように、ワキガと多汗症は全く別の症状であるため、対策や治療にも違いがあります。