MENU

ワキガと食生活の関係

ワキガは基本的に遺伝的要素があるのですが、食生活も密接な関係にあると言います。
日本人はワキガの人が少ないため、ワキガや臭いに対して敏感な人が多いと言われています。一方で欧米人はワキガの人が多いとされています。

 

日本人と欧米人の違いを考えると、もともとの体質にも違いがありますが、やはり、食文化の違いが大きいのではないでしょうか。
もともと日本の食事は健康的で身体に良いと言われてきましたが、現在は欧米化していて、脂質を摂り過ぎている傾向にもあります。そのために、生活習慣病の罹患率が高くなるなどの問題もあがっています。
そして、ワキガの臭いにも影響が考えられます。

 

肉食で脂っこい食事、揚げ物などを好んで頻繁に食べている人は、その影響で臭いが強くなる傾向にあります。

 

反対に食生活に取り入れたいのが、「抗酸化作用のある食品、アルカリ性食品」です。
血液状態が酸性に偏っていると体臭が強くなる傾向になるのですが、活性酸素が増えることが要因です。その活性酸素を減らすために、抗酸化作用が必要になります。
抗酸化作用を持つ成分としては、ビタミンEやアントシアニン、ポリフェノール類などが有効です。
食品で言うと、ブルーベリーやリンゴ、トマト、シソ、明日葉、ブロッコリー、大豆類、海藻類などがあります。

 

アルカリ性食品では、代表的なものが梅干しです。昔から梅干しを食べる文化があったことも、日本人にワキガの割合が低い理由なのかもしれません。
梅干しの他に、海藻類や大豆類、こんにゃく、しいたけ、バナナなどがアルカリ性食品です。これらの食品をバランスよく食生活に取り入れると、体をアルカリ性に傾けることができ、身体を整えることができます。
海藻類や大豆類などは抗酸化成分も含んでいるので、積極的に摂りたい食べ物です。