MENU

ワキガの対策方法

ワキガは体質的な問題です。大方、遺伝的要素の関係であり、アポクリン腺の有無、大きさや量などによってあらわれるトラブルです。
アポクリン腺が活発になっているほど分泌される汗が多く、その中には脂質やタンパク質、アンモニアなどを含んでいるため、それらの物質が常在菌で分解されたときに強烈な臭いが出ます。

 

遺伝性であることから対策が難しいと思われますが、臭いを抑えることはできます。
基本的に、脇の臭い対策と同じ方法です。

 

まずひとつは、「脇の下を清潔にする」ということです。
脇の下が不潔であれば、それほど雑菌が増殖し、臭いが強く発生してしまうものです。反対に清潔な状態を維持できていると、臭いを抑えることができます。
最低でも1日の終わりにはお風呂に入り、脇の下を丁寧に洗いましょう。このとき、ワキガに対応した専用の石けんを使うようにしましょう。

 

また、汗で蒸れていると脇の下は雑菌が増えやすくなってしまうので、汗をかいたらこまめに拭きとるようにしましょう。
「制汗剤」を使うのも、一時的ではありますが良い処置です。
市販の制汗剤はワキガに対応していないと言いますが、汗を抑える意味としては、効力があります。ただし、専用クリームでケアした方が有効です。
通販などでワキガの臭い消しにも対応したクリームがありますから、積極的に効果的なグッズを使っていきましょう。

 

生活習慣では、「食生活」も臭いを左右します。ワキガにも軽度・重度があり、臭いを抑えるためには食生活の見直しが必要です。
アポクリン腺には脂質が多く含まれていますから、脂質を摂り過ぎていると、その分、余計な脂質が増えて臭いが強くなる傾向にあります。極端なほどの肉食や脂っこい揚げ物は控えて、野菜中心などヘルシーな食事、臭いを抑える成分を含む食べ物を取り入れると、ワキガの強い臭いも抑えられます。