MENU

脇の臭いと加齢臭の関係

体臭が気になるという方は多く、体臭といっても種類があります。
脇の臭いが気になる人も多いですが、年齢を重ねて「加齢臭」い悩む方も増えます。

 

脇の臭いと加齢臭、どちらも気になる体臭ですが、「脇の下」から臭いやすいという特徴があるものの違いがあります。

 

まず、脇の臭いというのは、脇の下に集中している汗腺から分泌された汗が常在菌で分解されたときに臭いが出る仕組みになっています。
エクリン腺は水分が多いのですが、常在菌による影響で汗の臭いが出ます。
また、アポクリン腺から分泌される汗は脂質やタンパク質を含んでいるため粘りがあり、臭いも強くなる傾向にあります。いわゆる、ワキガです。
しかも脇は蒸れやすい部分なので雑菌が増殖していき、臭いも時間経過とともに悪化することがあります。

 

一方の加齢臭の特徴は、なんといっても「年齢」です・
年齢を重ねるごとに体内の抗酸化作用が低下し、皮脂腺から分泌された脂肪酸が雑菌や酸化に分解されてしまうことによって、独特の臭いが発生します。
脇に皮脂腺が多いことから脇が関連している他、耳の裏などからも臭いやすくなります。

 

比較してみると、脇の臭いは分泌される汗や皮脂と雑菌の関係で、加齢臭の方は体内の抗酸化作用の低下と脂肪酸が酸化することが原因なので、明確には違いがあります。