MENU

脇の臭いと衣類の臭いの関係

脇の臭いが強い人は、衣類からも独特の臭いがするのが特徴的です。
汗は脇の下から出るので、衣服の脇の部分にも臭いが染みつきます。
よく、汗をかくとその部分が濡れますよね。その汗自体は臭いがしないのですが、服についた汗を放置することで雑菌が増え、臭いが強くなっていきます。脇の下でも同様に雑菌が増えて臭いが出てきます。

 

脇の下は汗を拭くことで臭いが抑えられますが、衣服の場合は染みついてしまうと臭いがなかなかとれません。
しかも、雑菌はじめじめと湿気が多い部分を好むため、衣服の脇部分は蒸れやすく、雑菌にとってとても良い環境です。したがって、汗が放置されて雑菌は増え、臭いも強くなっていきます。

 

衣服の臭いを取るためには洗濯しないといけません。その場の応急処置としては、キレイな衣服に着替えるようにしましょう。
外出先にもインナーを持ち歩いて汗をかいたら着替えるなど、清潔な状態をキープしましょう。このとき、脇の下もきちんとケアすることで、より臭いを抑えられます。

 

ちなみに、脇の下にある汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」という種類がありますが、アポクリン腺の場合は脂質やタンパク質を含む汗が分泌されるため粘りがあり、菌と混ざり合うことで臭いも強烈になります。
ワキガの人は、こちらのアポクリン腺の方が活発になっている傾向にあります。