MENU

脇の臭いに関する汗腺の種類

身体のあらゆる部分の中でも、臭いが発生しやすい部分は『脇』です。
脇の下というのは、汗や皮脂を分泌する汗腺が集中しています。
汗腺には種類があり、「エクリン腺」と「アポクリン腺」があるのですが、それぞれ異なる汗腺です。

 

エクリン腺は全身のさまざまなところにある汗腺で、エクリン腺は体温調節するために汗を分泌しています。
エクリン腺から分泌された汗は、わずかに塩分や尿素、アンモニアを含みますが、ほとんどが水分で構成されています。この汗には臭いがありませんが、汗をかいたまま放置していると雑菌が増えて、汗の独特の臭いがあらわれます。

 

一方のアポクリン腺は、もともとフェロモンを発するために存在していた汗腺ですが、人間の成長過程とともに必要性が低くなり、だんだんと汗腺の存在が減ってきました。
人によってはアポクリン腺がない人もいます。

 

逆にアポクリン腺が多い人は、「ワキガ」の傾向にあります。
脇の下以外にも、耳や乳輪、陰部や肛門などに存在する汗腺です。
そして、このアポクリン腺から分泌される汗は粘り気が強く、中にはたんぱく質や脂質、アンモニア、鉄分などが多く含まれていて、それが常在菌で分解された際にキツイ臭いがあらわれます。
つまり、アポクリン腺はワキガ体質の人に多く存在する特殊な汗腺です。

 

このような違いから、どちらかというとアポクリン腺が多い人の方が、臭いのレベルが高いと言えます。