MENU

脇の臭いの原因

人には言えないけど実は、脇の臭いが気になっているという人は多いです。
日本人は「におい」に敏感で、脇の臭いについてもエチケットとして制汗スプレーや香水、デオドラント剤を使っている方が多いと思います。
しかし、強い臭いは制汗剤では効果がなく、香水も混ざって嫌な臭いを作り出すことがあるので注意してください。

 

脇の臭いの原因は大きく分けて3つあります。

 

ひとつは、遺伝性によるワキガです。
遺伝要素のある脇の臭いについては、ワキガの可能性が高いと言っても大方間違いではありません。
両親のどちらかがワキガの場合は約50%もの確率で遺伝すると言われています。
ワキガは「アポクリン腺」という汗腺が活発な状態で、この汗腺から分泌される汗はタンパク質や脂質を含んでいて粘り気があるのが特徴です。
そして雑菌が増殖していくことにより、独特の強い臭いが放たれます。

 

次に、汗による臭いです。
ワキガではなく、汗の強い臭いを感じる方もいます。ただし、汗そのものは無臭で臭いはありません。
「エクリン腺」から分泌された汗が、常在菌で分解されることで雑菌は繁殖し、臭いを作り出します。また、汗をかいたまま放置していると臭いが衣服に染みついて、さらに臭いが悪化することもあります。

 

それから、中高年の方に多い加齢臭も、脇の臭いの一種です。
年齢を重ねると体内の抗酸化作用が低下し、皮脂腺から分泌された脂肪酸が雑菌や酸化で分解され、嫌な臭いが発生します。汗腺ではなく、どちらかというと皮脂腺が関係している体臭です。